杉山金属 IH対応 ホットサンドメーカー スマイルクッカーDXの口コミレビュー

私が杉山金属 IH対応 ホットサンドメーカー スマイルクッカーDXを買おうと思ったきっかけは、それまで使用していたグリル機能付きのレンジが片面しか焼くことができず、トーストを作る際にかなりの手間が掛かっていたからです。

あまりキッチンのスペースに空きが無く、小ぶりでパンを焼くことに適した物がないかと探し、ホットサンドメーカーという商品を見つけるに至りました。

杉山金属 IH対応 ホットサンドメーカー スマイルクッカーDXの良い点は、まずスペースを取らないことです。

小さめのフライパンのような物で、電子レンジや炊飯器のようにキッチンの場所を取りません。

もう一つはパンを耳付きで焼くことができ、淵を焼いて閉じることができることで、こぼれやすい具を詰め込んでも食べやすく、食べる際にこぼれないかと気を使う必要がありません。

また蓋つきのフライパンとしても問題なく使うことが出来ます。

内部にパンのサイズより一回り小さな空間が作ってあり、ここで材料を調理して、そのまま上からパンをかぶせてひっくり返せばパンの上に綺麗に具材を乗せることができます。

杉山金属 IH対応 ホットサンドメーカー スマイルクッカーDXを使った感想は、トースターと比べて蒸し焼きになるので、パン全体がふっくらとするため、いつもと違った触感となることです。

内部の具材も満遍なく火が通り、柔らかで食べやすいと思います。

しっかりと火を通そうとするとパンの淵が固くなるので、あらかじめ適度に具材に火を通しておき、パンに火を通すのは最小限にしています。

大体両面それぞれ2~3分程度がちょうどよい程度でした。

杉山金属 IH対応 ホットサンドメーカー スマイルクッカーDXを使った方がいい人は、普段よくパンを食べる方で、特に食べ応えが欲しい人におすすめです。

淵を焼いて閉じることができるので、中にたっぷりと具材を入れておけますし、蒸し焼きで全体が柔らかいので具材が多くても食べるのに苦労しません。

あまり長い時間焼き過ぎると淵が固すぎて食べるのに苦労しますので、なるべく淵をくっつけられるギリギリの短時間で過熱を終わらせた方が良いと思います。

フライパンとしても使えてそのまま具材に流用できるのが大きな利点なので、普段は中々パンに挟めない具材を試してみるのも良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました