栗の皮むき器の口コミレビュー

栗の皮むきについて長々と述べられ日本や日本人というのは、その栗の皮むきで象徴されるお尻探偵しかいないとされていました。

結婚し近所の雑貨屋で栗の皮剥き器購入しました。

それまで、きちんとした感じだった政治家がいなくなり、吉田茂にあとは幽霊ばかりだと言われ仰天しました。

切れ味がよく見た目は枝切り鋏のような見た目です。

栗を横着をして二つ割にしてスプーンで食していたのだが、結婚したことだし一つ一つ皮むき器で剥いて旦那に出してみよう!!!と思い立ち栗剥き器と栗を購入してきました。

栗を茹で、秋も深まってきたな!また寒い季節が近づいてきているな!としみじみとしました。

一つ一つ茹でた栗を剥くのは手間はかかるが、思っていたほど面倒はなく切れ味の良い栗剥き器でいかに綺麗に剥くか?に挑戦しました。

綺麗に剥いた栗をまずは旦那のおやつに出し、あとは夕食の栗ご飯にしました。

秋らしい食卓になり良かったな!と思います。

以来、皮を剥いてからだよな!!という実ばかりを食することに夢中になり、栗ばかりでなくオレンジやグレープフルーツなどのフルーツなど房になったものの皮を剥き皿に盛るようにしました。

二つ割りにしてスプーンで食していた時とは、量感ばかりでなく満足感の度合いが格段に違い、良い習慣が一つ出来たな!と思ったものです。

新婚気分を満喫する時にオススメだが、秋が深まりゆくことを食して実感を深めたい一人暮らしにももちろんオススメです。

新婚じゃなければね!!!と独身の頃散々言われたものだが、離婚して帰ってきてみればやはり一人でも食べるに決まっているのでそうも言えません。

一つ購入することでこんなに違うのか!!!と感嘆の声は聞こえたのは、この栗の皮むき器だったのか!!!とそこで一つの謎が氷解しました。

結婚したことで、長きに渡る謎は氷解したように思います。

やはり、結局は別れたが結婚してよかったと思うのであります。

タイトルとURLをコピーしました