KEVNHAUN シャープナー KDS.305の口コミレビュー

KEVNHAUN シャープナー KDS.305を買おうと思った理由は、もともとナイフは切れ味が良いものが好きで、昔に買った安いシャープナーを使っていたのですが、結婚を期にもっと良いものが欲しくなってサイトの口コミを見比べた結果これが1番手頃で評価も高いと思ったからです。

KEVNHAUN シャープナー KDS.305の特徴は、手にフィットする安心構造の握りやすいグリップと、シャープナー台の底が滑りにくいEVA素材になっているところです。

ダイヤモンドホイールによる荒研ぎと、セラミックホイールによる仕上げの二重に研ぐことにより簡単に切れ味が蘇ります。

本体はステンレス銅でできており、シンプルなシルバーの見た目なのでキッチンの雰囲気にも馴染みやすく、かっこよくて気に入っています。

KEVNHAUN シャープナー KDS.305を使った感想は、握りやすく、研ぎやすく、思っていたよりも簡単に切れ味が回復したので買ってよかったと思いました。

だいぶ前にホームセンターで適当に買った安くて切れ味も微妙な包丁を試しに研いでみたら買った当初より切れ味が良くなりました。

研ぐ前は潰し気味に切るしかなかった熟れたトマトなどの柔らかい野菜や果物も、潰すことなく綺麗に切ることができるようになりました。

KEVNHAUN シャープナー KDS.305を使ったほうがいい人は、ナイフの切りにくさに煩わしさを感じるタイプの人や、柔らかい野菜や果物を綺麗に潰さず切りたい人、料理のスピードや効率を上げたい人にむいていると思います。

KEVNHAUN シャープナー KDS.305に興味を持っている方、包丁やナイフをもっと切りやすくしたいとお考えでしたらこのシャープナーはとてもオススメです。

数回のナイフの刃の往復で切れ味が蘇ってくれます。

タイトルとURLをコピーしました