下村工業 ピタコ 手のひらサイズ 調理器セット PC-601の口コミレビュー

私がピタコを買おうと思った理由は、今まで山芋などをすりおろすときに、しょうがなどの薬味をすりおろす用であろう小さなものでやっていたのを不便に感じたからです。

また、スライサーも持っていましたが、お皿の上に置き、片手で支え、もう一方の手で野菜を動かすのが不安定でズレやすく、どうにかならないかと思っていました。

ピタコの特徴は、コンパクトなサイズ感で女性の手でも扱いやすい、という点がまず最初に良さそうで気になりました。

また、下の受け皿と上の板がしっかり重なる形のようで、今まで気になっていたズレ、不安定になってしまう点は解消できそうです。

スライス、細切り、すりおろしの3種類の板がセットになっていますが、全てピッタリと重なってしまえるので収納場所を取りません。

それ以外にふたも付いていて、例えばスライスしたものなどを、そのままふたをして冷蔵庫に入れておいたりできて便利です。

ピタコを使った感想は、まず受け皿と上の板がズレないというだけでなく、受け皿の下にすべり止めがついており、これがかなり感動しました。

びっくりするほどピタッと止まってくれるので、片手をかるく添えるだけで安定します。

最近は毎日にんじんをすりおろすのに使っていますが、硬いにんじんでも楽にすりおろすことができます。

山芋をするときは、手がベタベタになってすべってしまいますが、短くなったら付属の取っ手を芋に刺すと安全で最後までやりやすいです。

ピタコを使ったほうがいい人は、女性の方や手が小さくて大きいものだと扱いにくいという方だと思います。

ただコンパクトな分、受け皿の容量が少なかったり、板の幅がせまかったりと感じるかもしれません。

大きいものや一度に大量のものを処理したい人には不向きだと思います。

私はピタコを買ってから、今まで億劫だった調理がやりやすくなり、ピタコを使って新しい料理にも挑戦したくなりました。

調理時間も短く済みますし、個人的にはいいことばかりです。

今お使いの器具が使いにくいという方には、ぜひおすすめしたいです。

タイトルとURLをコピーしました