siroca 電気圧力鍋(SP-4D151)の口コミレビュー

引っ越しして、ガスコンロが三口から二口に変わり、夕食の準備など、同時に三口でガスを使えなくて不便でした。

特に、煮物や汁物、コトコトと時間をかけて作る料理はガスを使わず、電気で調理できるので その間にガスを使う料理が作れて便利そうだと思い、購入しました。

siroca 電気圧力鍋(SP-4D151)の特徴は、ガスを使わずに電力で調理ができるところです。

煮物、汁物などのコトコトと煮る料理の他に、カレー等、圧力鍋の役割もあるので、時短料理にも最適です。

白ご飯も短時間でできるので、ご飯が足りない時や、急いで炊きたい時にも便利です。

Amazonでたまたま見た、ティファールの電気圧力鍋が、欲しいなと思ったのですが値段が高く、類似商品で何か無いかと探していたら、この商品を見つけて手頃な値段だったので購入しました。

siroca 電気圧力鍋(SP-4D151)を使った感想は、朝から、又は昼間のうちに 具沢山味噌汁、野菜スープなどの具材をカットして水と一緒に鍋に入れて 保温調理ボタンを押しておくだけで、夕方には材料が煮えています。

夕方の炊事の時に味噌汁なら味噌と出汁、スープならコンソメを入れるだけで汁物が出来上がります。

煮物も同様、材料と水と調味料を同時に鍋に入れ、保温調理ボタンを押しておくと、夕方には出来上がっています。

ガスのように火事の心配もなく、保温調理の時間も設定できるし、そのまま保温もできるので、煮崩れもなく、帰宅時間が異なる家族にも、それぞれが温かい食事を摂ることができます。

siroca 電気圧力鍋(SP-4D151)を使った方がいい人は、「仕事や用事のため朝から下ごしらえをして帰宅したら急いで炊事しなければ」と、忙しくしている主婦の方々にオススメの商品です。

ガスコンロの様に付きっ切りで火の番をしなくても良いので、高齢の親御さんにプレゼントされて喜ばれるケースもあります。

毎日の炊事、頭を悩ましますよね。

ワーキングママさんにとっては、時短料理は欠かせません。

朝に材料や調味料と水をセットしてボタンを押すだけで、夕方には料理が出来上がっているこの保温調理鍋。

昼間に放っておくだけで一品出来上がる優れものですよ。

保温調理なので電気代も掛からず、一石二鳥。

私のイチオシ家電です!

タイトルとURLをコピーしました