Robert Herder 果物ナイフの口コミレビュー

私がRobert Herder社の果物ナイフを買おうと思った理由は、果物や野菜を切る用のコンパクトでよく切れるナイフを探していたからです。

信頼できるドイツのゾーリンゲン製で、見た目も気に入ったので購入しました。

Robert Herder社の果物ナイフの一番良い点は、切れ味です。

1年近く使っていますが、まだまだよく切れる印象です。

また以前使っていた同社の別のタイプのナイフは、少し放置しておくと直ぐ錆びていたのですが、これは錆びにも強く、ズボラな私でも気にせず使えるところも気に入っています。

コンパクトなことと、刃先に向かって少しカーブしているので、手が小さい私でも果物の皮が剥きやすいです。

毎日使わない日は無い程、使っています。

Robert Herder社の果物ナイフを使った感想は、使い勝手の幅がとても広いことです。

食事の支度時に、野菜を切ったり果物を切ったりするだけでなく、食事中に食卓の上でも使えます。

例えば、私は切り分けの料理や、子供用に食材を小さく切りたい時に使っています。

パンを買って公園でランチをする際などにも、フキンに包んでナイフを持っていき、切り分け用に使っています。

便利なだけでなく、持ち手の部分が木でできているので、出しているだけで絵になり、気分も上がります。

Robert Herder社の果物ナイフを使った方がいい人は、一人暮らしであまり料理をしない方です。

普段料理をしない方でもこのナイフが一本あるととても便利だと思います。

小さいお子さんがいらっしゃる方にもおすすめです。

野菜を沢山切る、等の調理用の包丁とは別に、何かを少し切りたい場面って意外と沢山あると思います。

そんな時に、このナイフはコンパクトだし、切れ味も良く、使い勝手も良い、満点のナイフだと思います。

見た目も可愛いので気分も上がりますよ。

タイトルとURLをコピーしました