Anova Precision Cooker Nanoの口コミレビュー

私がAnova nanoを買おうと思った理由は、鶏むね肉を最も美味しく調理するのに低温調理器が良いという情報を得たからです。

フィットネスを継続していて、日常的に高たんぱく質で低脂質な鶏むね肉をたくさん食べるのですが、鶏むね肉は加熱し過ぎると固くなり、パサついて食べにくいことが難点で、様々な調理方法を試しましたが、全てイマイチでした。

インターネットで色々と調べた結果、62℃前後の低温調理によって柔らかくジューシーに仕上がることが分かりましたが、手動で水温を一定に保つのは難しいので低温調理器があった方が便利とのことでした。

数多く出回っている低温調理器の中で、Anovaシリーズが最も評価が高く、温度管理の精度も高いということで、少々値は張りますが、思い切って買ってみました。

Anova nano の良い点は、スマートフォンの専用アプリで温度設定やタイマー設定を行うと、Bluetoothによって簡単にスタートでき、加熱終了を知らせる音が鳴るまで放置できるところです。

また、専用アプリに食材別のレシピがたくさん掲載されており、その温度・時間設定を参考にすることができます。

火を使わないので、目を離しても、その場を離れても安全ですし、音が聞こえない場所にいてもBluetoothが届く範囲であればアプリの通知で終了のお知らせが届くので、他の家事や作業を同時進行できて時間を有効活用できるのが本当にありがたいです。

お肉も今まで試した方法の中で一番柔らかく仕上がり、大満足です。

Anova nano を使った感想は、想像以上にお肉が柔らかくジューシーに仕上がって感動したということです。

設定温度に上昇したというお知らせ音が鳴ったらジップロックに真空パックした食材を温水中に投入して時間になるまで放置するだけ、という簡便さに対して、仕上がりはかつて味わったことがないほどのクオリティの高さで、こんな素晴らしい調理器があったのかと衝撃を受けました。

一番感動したのは、鶏むね肉の最適調理温度と温泉卵を作る温度が62℃で偶然同じだったので、加熱時間を調節するだけで2種類の食材が同時に調理できたことです。

Anovaを導入したことで、効率よく手軽に低温調理ができるようになったので、買って本当によかったです。

Anova nano を使った方がいい人は、スポーツやダイエットなどで、鶏むね肉やささみなどを食事に取り入れている方だと思います。

驚くほど美味しく仕上がるため、毎日食べても飽きがきませんし、まとめて大量に仕込むことができるので、効率が良く、続けやすいと思います。

また、ローストビーフやステーキを自宅で美味しく調理したい方にもおすすめです。

大きな肉の塊でも、お肉の大きさに合わせて時間を調節すれば均一に熱が通るので、中心が生のままということも防げますし、逆に火が通りすぎることもないため、失敗が少ないと思います。

海外ではメジャーなようですが、日本だとあまり浸透していない印象があり、非常にもったいないなと思っているので、ぜひ多くの人に知っていただきたいと思っています。

Anova nano は少々値が張るとハードルが高いと感じる方もいるかもしれませんが、自宅での調理の幅も広がりますし、料理のクオリティも確実に上がると思うので、価格以上の価値があると思います。

セッティングやアプリ操作も簡単で、食材を投入したら放置するだけなので、この簡便さと美味しさを経験したら他の調理法には戻れなくなるかもしれません。

それほど便利で画期的な調理器具だと思うので、迷っているのであれば思い切って試してみていただきたいです。

きっと新しい世界が広がると思います。

タイトルとURLをコピーしました