イシガキ産業 スキレットフライパンの口コミレビュー

私がこちらのスキレットを購入しようと思った理由は、何よりハードな調理にも使えて、分厚い鉄でできているので温度変化が少ないことです。

特にアクアパッツァやパエリアといった料理はテフロン加工のフライパンだとテフロンが剥がれてしまうことがあるので、高温や長時間の煮込みにも問題なく耐えられるのは重要です。

こちらのスキレットの特徴は、遠慮のない分厚い鉄で高い蓄熱性があること、常に手入れの必要がある鉄製フライパンなので、つなぎ目がなく手入れが簡単なことが気に入っています。

蓄熱性の高さはステーキ料理を美味しく調理するのに都合が良く、焼いた後そのまま食卓に持っていくこともできるおしゃれな造形なので、別でステーキ皿などを温めておいたりする必要もありません。

パエリアのような炊き込み料理も同じように手間なく食べられます。

実際にこのスキレットを使った感想としては、手間が大きく削減できるということです。

普通のフライパンだと食卓にそのまま持って行きづらいので別でお皿を用意したり、料理が冷めないようにお皿を温めておいたりする手間がありますが、スキレットだと調理した後、食卓に持って行って、そのままお皿として使えます。

食後もスキレットを洗うだけで、ほかに洗い物がないので、特に一品だけ作る時には手間なく食事を終わらせられます。

手入れの手間はありますが、しっかりと手入れしている分には、テフロン加工のフライパンと変わらないくっつき辛さで使えてます。

こちらのスキレットを使った方がいい人は、ステーキなどの肉料理や、パエリアのような炊き込み料理を作る方、調理や調理後の後始末を簡単に済ませたい方などにおすすめです。

一人分の料理を作るのにちょうどよいサイズで、普段一度にたくさんの料理を作らない人にとっては特に便利に感じると思います。

何よりも手入れを大切にしましょう。

なるべく使用後は汚れや水気を拭き取って、オイルなどでさび対策をしておけば何年でも問題なく使っていけると思います。

しばらく時間が経ってもまだ火傷するほど温度が高いことがあるので、直接触るときには十分に温度が下がっているか確認してからの方がいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました